プロのような再現性を、
あなたに。

STROKELAB TEMPO ENHANCING DESIGN

ODYSSEY STROKELAB ODYSSEY STROKELAB

プロのような再現性を、
あなたに。

STROKELAB TEMPO ENHANCING DESIGN

movie

プロの再現性に近づけるか、
アマチュアで実験!

なぜストロークが良くなるのか?
そのワケは...

TECHNOLOGY

ツアープロの
パッティング精度を
あらゆるゴルファーの手に

POINT1

シャフトに新たに
スチールとカーボンの
複合シャフトを採用

最新のSTROKE LAB パターでは、新たにカーボンとスチールの複合シャフトを装着し、約75g(通常のパターのスチールシャフトは110~120g)まで軽量化。カーボンが使用されていることでシャフトがよりしっかりし、打感が手に伝わりやすく、タッチが出しやすくなっています。

ODYSSEY STROKELAB ODYSSEY STROKELAB

POINT2

余剰重量を
ヘッド側と手元側に
配分し、
パター全体の
慣性モーメントをアップ

新たなシャフトの採用で生み出された余剰重量を、ヘッド側と手元側に最適配分し、パター全体の慣性モーメントを最大化。これにより無駄な手の動きを抑制して、パッティングのストロークとテンポを安定させ、パッティングの精度の向上を実現します。

従来モデルと総重量を変えずに、ヘッド、シャフト、グリップの重量配分を見直し設計。結果として、下記のようにウェイトを調整。 従来モデルと総重量を変えずに、ヘッド、シャフト、グリップの重量配分を見直し設計。結果として、下記のようにウェイトを調整。

従来モデルと総重量を変えずに、ヘッド、シャフト、グリップの重量配分
を見直し設計。結果として、下記のようにウェイトを調整。

  • ヘッド部約15g重く
  • シャフト部約45g軽く
  • グリップ部約30g重く
  • ※グリップ(約65g)+ウェイト(約40g)
  • ※Women’sはグリップ(約76g)+ウェイト(約30g)
  • ※ヘッド部のブレードタイプは約10g重くなります

POINT3

一般的なパターは
ストロークテンポが
不安定に
なりやすく、
距離感が取りづらい

一般的なパターはストロークテンポが不安定になりやすく、距離感が取りづらい 一般的なパターはストロークテンポが不安定になりやすく、距離感が取りづらい

※図はイメージです

ストロークラボなら
ストロークテンポが
安定しやすく、
距離感を取りやすい

ストロークラボならストロークテンポが安定しやすく、距離感を取りやすい ストロークラボならストロークテンポが安定しやすく、距離感を取りやすい

※図はイメージです

PRO IMPRESSION

プロインプレッション